アパレル業界について

転職・求人ガイド

アパレル業界について説明しています。

転職・求人口コミ

アパレル業界

アパレル業界について

アパレルとは、厳密に言えば、外衣類のことですが、Tシャツなどの下着類も含めて衣類全般をアパレルと呼んでいます。その中でも特に、既製服のことを意味する言葉で、既製服を作るメーカーのことは、アパレルメーカーと呼びますが、現在では、「アパレル」という場合は、アパレルメーカーのことを指す場合も多いような気がします。                                       日本でのアパレルとは、明治時代にさかのぼります。明治時代は男性の洋服はありましたが、大正時代に入り、婦人服が作られるようになります。戦時中の統制時代を経て、戦後になると洋装が主流となり海外のメーカとも提携するなど、日本のアパレル産業は発展を続けています。 既製服は、デザイン、縫製、出来上がった洋服の流通、販売という流れで消費者の手元に届きます。そして、アパレル産業というのは、この流れの中に関わる企業とその事業について指すことが多いです。

拡大するアパレル産業

日本ではアパレル産業の市場規模は、衣服・その他の繊維製品製造業の製造品出荷額は2兆円を超えるほどです。さらにアパレル産業に従事する企業の従業者数は20万人超、その事業所数は全国に1万箇所以上です。 アパレルとは一言で言っても、アパレルメーカーの扱うものは、婦人服、紳士服、子供服と対象者も多岐にわたり、さらにその対象者それぞれにも目的別に手にする洋服は異なるため、それぞれの消費者のニーズに応えるためにアパレル産業は非常に多岐に渡っています。 そのため、1つのアパレルメーカーでもそれぞれに生産ラインを変えて対象者別に別々のブランドとして製品を売り出しているところも多いです。現在ますます消費者のニーズは細分化されています。

アパレルとは、その産業自体は非常に発展しているのですが、現在では低いコストで製造ができるため、海外での加工品が輸入されて格安の価格で販売されることもごく当たり前となっています。国内の製造量は年々減少していく一方で、縫製などの下請け業者は厳しい経営を迫られています。
洋服は特に婦人服では流行の変化が早いため、消費者のニーズに応え続けていこうとすると、常に新しい素材やデザインに通じていなければなりません。そのため、安定した産業とは言えないのです。
これまでと同じ販売戦略ではこれ以上の発展を望めないアパレル業界ではとうもろこしを使った生地やクールビズなどで環境問題を取り入れてビジネスチャンスを狙っています。


アパレルのネット進出



流行の入れ替わりはますます早くなって、さらに消費者その流れに非常に敏感です。今後のアパレル業界を生き残っていくためには、ますます消費者ニーズにすばやく応える身軽さが必要となると思われます。小さな企業の方が実は今後のアパレル業界をうまく生き抜いていけるかもしれません。
その中の一つがインターネットでの販売でしょう。小売店などが苦戦を続ける中で、広く普及したインターネットによって様々な形態のアパレルメーカーが登場して、細分化した消費者のニーズにも応えていけるかもしれません。今後の国内アパレル産業は、これまでの洋服にいかに付加価値をつけて消費者に訴えられるかを考えていくことが必要だと思われます。


お気に入り登録

便利な検索サイト

売れ筋書籍

正社員になりたい!派遣社員のための本

派遣社員が正社員としての就職を実現するためのノウハウ

こう動く!就職活動オールガイド(’11年版)

厳しい就職活動に勝ち抜くための実践!情報収集、履歴書、面接、SPI2対策

合格力

各種難関資格を取得、TOEFLやGMATでは正解率9割、フルブライト奨学金を獲得し、アイビーリーグでMBAを取得、外資系戦略コンサル・ファームを経て、ビジネスの世界で活躍する著者が、自身の失敗体験や試行錯誤をもとに、重大な瞬間に尻込みせず、存分に力を発揮できる「合格力」を習慣化するための方法を紹介。

Copyright 2007-2012 転職・求人ガイド All Rights Reserved.