看護士の求人について

転職・求人ガイド

看護師の求人について説明しています。

転職・求人口コミ

看護士求人

看護士の求人について

看護師の求人を募集している職場には、一般病院や、クリック、老人介護保健施設、有料老人ホーム、訪問看護などがあります。看護師の求人情報を入手するためには、色々な方法があります。転職サイト、人材紹介会社、情報誌などがあるでしょう。転職サイトにしても、さまざまな種類があります。専門分野での求人サイトや、人材紹介会社が運営しているサイト、企業と直接コンタクトの取れるサイト、色々見て回って、自分に必要な応報を入手することが重要です。

インターネット・看護士求人サイト

その中でもインターネットでは、看護師の求人サイトに自己データを登録する場合があります。それはど のようなメリットがあるのでしょうか?サイトによってさまざまですが、担当者などがつき、自分の希望 などを詳細に聞いてくれ、自分に合った求人を紹介してくれたり、新聞などに載っていない求人情報など も紹介してくれるようです。情報を入手するには最適な方法だともいえます。

正社員と派遣社員

求人情報を見ていると、看護師の求人情報にも正社員と派遣社員があったりします。その大きな違いは、雇用主が違うことがあげられます。正社員は実際に働く会社が雇用主になり、派遣社員は、雇用契約を結ぶのは、実際働く会社ではなく、派遣会社が雇用主、といった形になります。 正社員は、雇用期間の定めがない勤務形態のことで、比較的長期にわたり、安定した勤務をすることができます。契約社員というのは、期間を限定して、雇用契約を結ぶ形になります。数ヶ月や、1年、といった形で期間や業務を決めた上で働く形になります。正社員に比べると、拘束時間や、責任の重い仕事が少ないようです。 次は、希望が通るか、ということになります。正社員の場合は、業務命令となれば、自由がききませんが、派遣会社は、さまざまな仕事を選ぶことができます。どちらがいいのかは、ご自身のライフスタイルや状況などによって選択が変わります。

看護士求人・履歴書

仕事を見つけた場合、ほとんどの看護師の求人で履歴書や職務経歴書を作成する場合があると思います。履歴書は採用担当者から見れば、大事な第一印象になります。志望動機や、今後の仕事に対することなどについては大切になってくるでしょう。履歴書には、顔写真が必要です。顔写真は、看護師という職種なので、清潔感や、健康的なイメージが必要になってきます。印象のよい写真を撮ることが重要です。スピード写真ではなく、写真館などで、撮影することが望ましいでしょう。スピード写真は少し暗い印象になることがあります。

看護士求人・職務経歴書

職務経歴書を作成する上で重要になってくるのは、過去の履歴を思い出し、あまり長くならないように、 作成日と氏名、志望職種、経歴の概要、勤務先・所属・職位、職種・担当業務・専門知識・技術・資格、評価・自己PRを簡潔に書くのが望ましいでしょう。 データを年代順に作成し、相手に見やすく、内容がわかりやすいようにまとめるのがポイントです。 中途採用などは実務経験を重視する傾向がありますので、経験・スキルをアピールすることは、雇用形態に関係なくよいことだと思います。

看護士求人・面接

看護師の求人に限らず必ずといっていいほど、面接があります。看護師の求人募集なので、看護部長、看護師長、現場責任者、事務関係責任者などが面接官となることが多いようです。 面接は、清潔感、健康的なイメージを大切にしたいところなので、シャツなどにアイロンはかけたか、 スーツに折り目はついているか、靴を磨いたか、つめは切ってあるか、耳が髪に隠れていないか、など、基本的なことに注意して面接をするようにしましょう。

面接において、自己PRはとても重要になってきます。まず、どのような経験・スキルがあるのかアピールして、その経験やスキルを今後どのようにいかせるかをアピールするとよいでしょう。そして、仕事上で努力したことなど、仕事に対する姿勢をアピールすることは大切です。色々な自己PRの中に、自分とはどういう人間性か、ということを織り交ぜるとよりいいでしょう。


お気に入り登録

便利な検索サイト

売れ筋書籍

正社員になりたい!派遣社員のための本

派遣社員が正社員としての就職を実現するためのノウハウ

こう動く!就職活動オールガイド(’11年版)

厳しい就職活動に勝ち抜くための実践!情報収集、履歴書、面接、SPI2対策

合格力

各種難関資格を取得、TOEFLやGMATでは正解率9割、フルブライト奨学金を獲得し、アイビーリーグでMBAを取得、外資系戦略コンサル・ファームを経て、ビジネスの世界で活躍する著者が、自身の失敗体験や試行錯誤をもとに、重大な瞬間に尻込みせず、存分に力を発揮できる「合格力」を習慣化するための方法を紹介。

Copyright 2007-2012 転職・求人ガイド All Rights Reserved.